緩和ケア内科とは

緩和ケアのイメージ写真

病気の中には、適切な治療を行なった後にも痛みが残ってしまうものがあります。
また、進行がんなどの場合、痛みと向き合っていかざるを得ないケースもあります。
重い病気を抱えた患者様は、その病気自体の症状の他、痛み・倦怠感などのさまざまな身体的苦痛、落ち込み・悲しみ・不安などの精神的苦痛などに悩まされます。

緩和ケア内科は、このような病気に伴う苦痛を和らげ、患者様のQOL(生活の質)を改善し、人間としての尊厳を保って暮らしていけるよう、患者様と医師・医療スタッフが協力しながら対応していく専門の診療科です。直接的な治癒を最優先する通常の診療とは一線を画します。

緩和ケアは単なる苦痛の除去ではありません

緩和ケアを取り入れる第一の目的としては、肉体的な痛みの緩和が挙げられます。
実際に物理的な痛みが生じている患者様に対し、痛み止め(麻薬を含む)などのお薬を調整し、その苦痛を和らげていきます。
がんの緩和ケアを例に挙げると、痛みや倦怠感、吐き気、嘔吐などの苦痛が緩和されることで、がん治療や生きることへの意欲が湧いてくることが期待されます。

このように、緩和ケアは肉体的な苦痛の除去に留まらず、精神的な苦しみも和らげ、本来的な治療の一助にもなり得るのです。痛みを我慢するのは、けっして得策ではありません。
当院では、こうした緩和ケアを外来でも在宅でも行っております。患者様・ご家族らに寄り添い、じっくりお話を伺うことで精神的苦痛を和らげ、必要最小限のお薬で身体的苦痛を緩和いたします。

このような方は緩和ケア内科にご相談ください

  • がんの診断が下された
  • がんの手術後に痛みがなかなか解消されない
  • がん治療を受けているが、不安感がなかなか治まらない
  • 痛みや息苦しさがあってよく眠れない
  • 慢性的な痛み・息苦しさが続いている など