老年内科とは

老年内科のイメージ写真

老年内科は、主に65歳以上の方を対象とし、健康上の問題や介護の必要性などを総合的に判断し、より良い治療に繋げていくための診療科です。
ご承知の通り、若い頃は多少無理をしたとしても大きな問題を生じず、数日で健康な状態に戻ることが多いのですが、加齢に伴い段々と無理がきかなくなっていきます。がんや認知症など病気のリスクも徐々に高まります。複数の病気がある方も少なくないでしょう。
老年内科では、こうした高齢者の特徴を踏まえて、どのようなご病気・健康面の課題をお持ちかを明らかにし、治せる病気かどうか、期待できる寿命、生活状況、死生観などあらゆる観点から評価を行います。
患者様・ご家族らとよく相談した上で、積極的な治療から病気の進行を緩やかにする治療、症状を楽にする治療・ケアまで行ってまいります。

高齢の方のかかりつけ医です

当院の老年内科は、高齢の患者様のかかりつけ医として、患者様の体調を総合的に判断しながら診療を行います。
加齢に伴い、複数の病気にかかってしまう方も多くなるので、お薬の重複投薬などにも気を付けていく必要があります。
また、一時的に入院が必要になることもあります。脳などの機能も次第に変化していくので、認知症などについても考えていかねばなりません。
当院では、こうした患者様の病態の変化などを十分に勘案し、健康状態を出来るだけ低下させないよう治療・ケアを進めてまいりますので、まずはご相談ください。

このような方はご相談ください

  • 年とともに無理がきかなくなってきた
  • 何となく体調がすっきりしない
  • ぼんやりした痛みが続いている
  • 体重が急激に減ってきた
  • 足がむくんできた
  • 健康診断で血糖値や血圧、脂質などの異常を指摘された
  • 胃の辺りに不快感がある
  • 風邪を引くと、なかなか治らない
  • 物忘れがひどくなってきた、最近の出来事を覚えられなくなってきた
  • いつも歩いている近所で道に迷ったことがある など